書いても消さない日記

このブログは、いつ見ても記事はひとつです。その日の日記を書いたら前のを消します。何がいいたいかというと、毎日見てくれないともったいないよってことです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008.3.11

最近みんなブログ書かないね、なんてな声をときどき聞きます。
ひどい人は、ブログはもう終わった、とか言ってたりします。


たしかにそういう面もあると思うけどね、一時の勢いというのはものすごいものがあったし、それと比べると見劣りするのかもしれない。


でもね、逆に、今残ってる人というのは、おもしろいわけね。
ものすごい競争のなかで残ってきてるわけね。
まわりがやらなくなっても、なんか書かずにいられないから書いちゃう人なわけね。
かつてのように新規参入がドカドカ続くような状況ではないけれども、おもしろいブログというのはゴロゴロ残ってるわけだ。
残ってるというよりは、やめられない人ばっかりなんだよな。
やめられない人というのは、書くことが好きな人なんだよ。
もっというと、書きたい人間じゃなくて、書かずにはいられない人間だと思うんですね(この両者には越えられない壁があると思う)。


あの某づんごとなんて、元はといえば学校の授業ですからね。
学校の授業でお遊び半分で体験版的に開設したブログが、今でも続いてて、あのクオリティなんですから。
某虹色のブログだって、最初とはずいぶん向かってるとこが違うような気がしますし、最近は正直僕がついていけないときの方が多かったりはするんですが、それはそれでおもしろいと思うし、その筋の人からはちゃんと信頼されるような方向に充実していってる。とてもすばらしいことだと思います。
そのほかにも、おもしろいブログは探せばたくさんある。
おもしろいブログがあればそこから芋づる式におもしろいブログは見つかる。
ブログにはつながりやすさっていう魅力があるんですよね。読む人だけじゃなく、書く人にとってもこれは励みになることでしょう。


ブログは死んでなんかいない。
探す気があって、書く気がある人にとっては、まだまだ有望だと思う。
ブログはおもしろいよ。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/11(火) 23:15:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。